ピェール・ロティのチャイハーネでお茶をそして日本食レストランへ

b0203787_15305435.jpg

                   ピェール・ロティのチャイハーネ金角湾を見下ろす屋外席

今回の旅行はガイドブックがなく10年前の記憶と10年前の日本語の地図、空港のインフォメーションでもらった地図が頼りでした。
記憶の片隅に・・金角湾を見下ろすすばらしい景色、ピェール・ロティの丘が・・・・





b0203787_15334428.jpg

                 ピェール・ロティの丘から、金角湾を見下ろすすばらしい景色

さて、どうやって行ったら?ホテルの人に聞いてみるとエミノニュイのバス乗り場でエユップ行きのバスに乗りそこからロープウエイで行くのがベストとの事。
ところがバス停を間違って降りてしまい・・・丘まで歩く事になってしまいました。
この坂が例によって急坂でとっても大変・・・・・地元のおばさんも坂の途中で座り込んで休憩していたりして・・・私も休み休み上って・・・やっと到着です。

ピェール・ロティは19世紀末に活躍したフランス人の作家、本名をルイ・マリー・ジュリアン・ヴィオといい、彼はこの丘、周辺の美しい眺めをこよなく愛し、ここで小説を書いていたそうです。(説明文によると)
なるほど眺めは最高、エミノニュイあたりの風景とはまた一味違い、見晴らしが良く伸びやかな風景。このロッテイの丘で、もちろんお茶をしました。

b0203787_20321894.jpg

                           帰りはロープウエイに乗って

そして帰りはロープウエイに乗って下まで、金角湾沿いに散歩しながらEYUPの船着場から船に乗って帰ることに、疲れたときは船に乗るのが一番!周りの風景を見ながら、風も心地よいし疲れも取れる。この船は新市街地と旧市街地側を交互に止まります。まるで観光船のようですがイスタンブールの人達の日常の足なのでしよう。ジェトン1枚(コイン型チケット)1.75TL(約88円)でとってもリーズナブルで楽しめるのです。
b0203787_15413612.jpg

                                金角湾沿いに散歩   

b0203787_15434676.jpg

                           EYUPの船着場から船に乗って  



b0203787_154811.jpg

                                   グランドハイヤット


そしてこの日は念願の・・・日本食が食べたかった!
グランドハイヤットに日本食のレストランがあるのを記憶しており・・どうかなあと思いながらハイヤットで聞いてみたところ名前は違っていましたが豊(YUTAKA)という日本食のレストランがお隣にあるとの事、さっそく行ってランチをしました。
待望の日本食、豚の生姜焼き定食です。久々の生姜焼きボリュームもあり31TL(約1550円)でした。 満足!

b0203787_15501349.jpg

                          グランドハイヤット内モダンなインテリア

b0203787_15504985.jpg

                            待望の日本食、豚の生姜焼き定食です  

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ イラン情報へ
にほんブログ村
[PR]
by japair | 2011-06-17 22:42 | 旅行


<< イスタンブール アジアサイドへ イスラティック通りからショッピ... >>