日本へAIR MAIL

b0203787_17165754.jpg



先日、日本への小包みを出しに、チャーラヘェラシキャルにある中央郵便局へ行った。
日本で今でも現役でお仕事をしている友人達や家族に少しだけイラン味覚を送った・・・







朝早、郵便局に到着 外国郵便の受付場所はまだ誰もお客様はいない、一番乗りである。
郵便小包みは5個、窓口で申し込み用紙を5枚もらい依頼主、お届け先の住所等を書きそれを見て担当の女性がパソコンで送り状を作成してくれる。

それを貰って隣の窓口へ担当の男性が荷物の内容等をチェック いきなり5個の荷物は受付できないと言われてしまう!なぜ?どうやらビジネスと思われたみたいで・・・夫が地震のお見舞いで送りたいと言ってなんだかもめているが・・・・どうやらやっとスルー

周りを見渡すと・・・・混んできた サフランは一度に沢山は遅れないと返品されている人やCDを送りたいが・・・ともめている人や・・・

無事にチェックを終え次はパッキング担当者の所へ・・・「ああ~~ちょっと待って!」と言うまもなくビニール袋に入った荷物をグチャグチャに押し込まれてしまい荷作りテープでビッシ!

荷物を作ったのは私ではなく郵便局のパッキング担当者です。誰宛の乱雑に書いたメモも着いたまま
で日本に行ってしまいました。    
AIR MAILで約1週間~2週間かかるそうです。 無事に届きますように!

郵便小包みの出し方も日本とは違って送り状作成からパッキングまで窓口で全てやってくれます配送料金の内訳を見ると箱代 タイプ代等含まれています。なので時間がかかります、この日はスムーズに行った方だと思います。
でも窓口がすごく込んでいたら・・・・どうなるんだろう?




b0203787_18254157.jpg

チャガラバーダンムやいちご、そら豆など 今が季節です。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イラン情報へ
にほんブログ村
[PR]
by japair | 2011-04-23 18:53 | テヘランでの日常


<< 続 ある日の散歩ゲイタリエ公園... 春を迎えました >>