ニアバラン宮殿

ここのところ、パソコンのデータを移し替えたり・・・・
カナダから夫の妹の旦那様がこちらに来ていたりと、
落ち着かず・・・
そしてイランも・・落ち着かず・・・
日本大使館からはデモに関するご注意メールも来ていた。

そんな中に外出するのも・・・・と思っていたのだが・・・
夫の休みは1日しかないので・・・
貴重な金曜日にお出かけをした。

今まで何度も素通りして以前から散歩したかったニアバランへ

b0203787_15391541.jpg

           アフマド ・ シャヒ パビリオン



10数年前初めてイランを訪れた時
夏の宮殿と呼ばれているサーダバード宮殿へは行ったことはある。
ニアバラン宮殿は今回が初めてである。

ゲートをくぐって右側に迎賓館とし使用されていたSahebqaraniyeh 宮殿がある。

そしてさらに山側にあるゲートをくぐるとニアバラン宮殿とアフマド ・ シャヒ パビリオンが見える。

それではニアバラン宮殿へ

b0203787_1655319.jpg
 
        上階からエントランスを見下ろす
b0203787_1794675.jpg

            Dining Hall

b0203787_1711071.jpg

            Dining Hall

b0203787_1712294.jpg

  reception room

ニアバラン宮殿の建物は1階から3階まで、多分、地下もあるのではないかと思うが
公開はされていない。
チケットのみでニアバラン宮殿の説明書なる物はない(お願いすればあったのかしら?)
もうちょっと親切だと助かるのだけど・・・スタッフ達の机が宮殿通路の中心に置いてあり
飲み物のグラスや食べ物のパッケージなどがそのまま机の上にのったままになっている。
この感覚が私には?だ!


3階はパーレビ王家のプライベートルームになっている。
1、2階の写真は撮ったのだが・・・3階の写真をあまり撮らなかった。
写真を撮る気がなくなってしまった。でも帰ってきて・・・
やっぱり写真を撮れば良かったと・・・

ファラ王妃の肖像画や子供たちの肖像画なども飾ってある。
子供達の部屋は以外に狭く部屋の手前にそれぞれバスルームも備えてある。
階段を下りた中2階?にパーレビ王の衣装室があり当時の衣装が展示してある。


b0203787_17363879.jpg

  ファラ王妃の寝室


b0203787_17144162.jpg

             ファラ王妃の衣装室

b0203787_17175317.jpg

        何気なく飾ってあるシャガールの絵


ファラ王妃もその後、 2001年一人の娘と今年の1月に
故パーレビ国王(シャー)の次男であるアリレザを自殺により失っている。

イスラム革命から30数年 まだ記憶に新しくなんだか妙に生々しく感じるのであた。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ イラン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by japair | 2011-02-20 19:31 | 美術館・博物館


<< Sahebqaraniyeh ... ある日の散歩 (アート編)ミュ... >>