<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モハラム***シャフレ・レイ

b0203787_18594826.jpg

           アブドル・アズィーム聖廟の仲見世通りのダステの行進、男たちがザンジール(鎖が付いた棒)で背中を打ちながら行進している。



イランの最大宗教行事、アーシューラー・・・やっぱり下町は活気があって面白いに違いない。
メトロで行けるところ、ちょっと遠かったけれどシャフレ・レイへ行きました。
シャフレ・レイはテヘランよりずっと歴史があり古い街です。
アブドル・アズィーム聖廟を中心に古くからあるバザールや最近できたショッピングセンターなどがあり、この日も多くの人々で賑わっていました。(以前にもこの町を紹介したことがあります。)

レイ(Rey):9世紀頃、テヘランは小さな村があった程度でした。当時レイ( Rey)がもっとも栄えた都市でした。13世紀レイがモンゴルに襲撃されると人々はテヘランに避難、「レイの人々のテヘラン」などといわれました。(ウィキメディアより抜粋)

b0203787_1912337.jpg

アブドル・アズィーム聖廟の仲見世はお休み、開いているのは、アーシューラーグッツのザンジールや太鼓を売っているお店だけです。
b0203787_1941726.jpg

仲見世通りを出たところに一匹の牛さんが・・・しばらく歩いて戻ってきてみると・・・牛さんの姿はなく通りに鮮血が流れていて・・・私は見ることが出来ず回り道をしました。やっぱりなかなか慣れることはできないなあ~

b0203787_19563871.jpg

                                   仲見世通りにはダステの行進が始まっていました。
b0203787_20264819.jpg

                                                  アブドル・アズィーム聖廟内
b0203787_20285199.jpg

                        アブドル・アズィーム聖廟の中でもダステの行進が始まっていました。
b02037_2030332.jpg

                                        アブドル・アズィーム聖廟内のダステの行進




アブドル・アズィーム聖廟の中に入るにはチャドルを着なくてはいけません。私がかがんでチャドルを着て、振り返ると聖廟の入口の陰に2人のアフガニスタンのお嬢さんが立っていました。
綺麗なお嬢さん達・・普段はめったに言わないのだけれど・・・思わず写真を撮ってもいいですか?と口から出ていました。(笑)



人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-11-28 22:29 | 宗教行事 | Comments(6)

モハラム***タジュリッシュ

b0203787_19342223.jpg


先日、久しぶりにテヘランの北タジュリッシュへ行ってきました。
この日は天気が悪くとても寒い日でした。
カシミアのセーターに薄手のウールのコートでも寒いぐらい、お日様がちょっとでも顔を出てくれると気温が上がって暖かくなるのですが・・・・北側の山には雪もが降りましたのでこれから本格的に寒くなりそうです。


さて、イランはモハラム月に入って一週間になります。
第3イマームホセインの殉教を哀悼して行われるシーア派の最大宗教行事。
街中ではテントを張ってチャイを配っていたり、夜遅くに追悼の行進があったり、ホセインの殉教に至るまでの出来事を再現する殉教劇なども行われていたりします。
タジュリッシュの野菜バザールもすっかり追悼ムードに様変わり、いつもは新鮮な果物や野菜を売っているバザール内も下記の写真のようになっていました。
b0203787_1944088.jpg

         人々が座ってチャイを飲んでいる台、普段は下の写真のように野菜や果物を並べ売っている。
b0203787_1947721.jpg

                                                いつもの野菜バザールの様子

b0203787_1949086.jpg

                                   タジュリッシュのバス停の側で行われていた殉教劇




人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-11-22 20:35 | 宗教行事 | Comments(5)

ショマール・・・旅の思い出の可愛いもの

b0203787_2191299.jpg


ショマールは気候がとても日本と似ています。
湿度があって雨が多い、水分をたっぷり含んだ緑があり、お米やお茶(チャイ)の産地でもあります。
乾燥しているテヘランで暮らしている人達は休みになるとカスピの海と緑を求めてショマールへと向かいます。

b0203787_21392769.jpg

             いかにもショマール顔のおじさん?思わず写真をとってもいいですかと聞いてしまいました。

カスピ海の港町、アンザリの街を歩いているときにかわいい籠屋さんを見つけました。
この辺りのバザールでよく見かける両端に持ち手が付いた平たい大きなかご、小さなものがあれば野菜や果物を入れるのに欲しかったのですが直径70㎝ぐらいの大きな物しか見つかりませんでした。
残念でしたがその代り↓の写真の愛らしいお花のついた籠バックを見つけました。
ちょっと持ち手が細く付けも甘いので手直しをして ついでに可愛いい布を内側に張る予定です。
今は野菜籠として使っています。

b0203787_21405517.jpg

    この籠バックを持っているとシャマールの帰りなのね~とすぐにバレテしまうほど有名な籠だそうです。

b0203787_2142357.jpg
             
b0203787_21424778.jpg

海辺で拾った沢山の貝殻、フォトフレームニ貼り付けてリメイクしてみました。さてどんな写真を飾ろうかしら・・・・・



人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-11-19 00:18 | 旅行 | Comments(2)

10月のショマール***カスピ海

b0203787_18424140.jpg


今日は朝から雨・・・・
久し振りにちょっと自分一人の時間を楽しんでいます。
ここ1ッ週間、屋上の防水工事のために落ち着かなく過ごしていました。
ああやっと終わって・・・良かった・・ホット
夫は3日間、仕事へも行かずつきっきり現場監督状態に・・・・・おかげですっかり屋上焼けに(季節外れの日焼け)
日本だったらハイお願いねってお任せできるのだけど・・・・ここはそうはいきません。
ちゃんと見ていていろいろお願いやら確認しないと・・・・いけません。

b0203787_1856491.jpg



真っ青な空、どこまでも続く海岸線・・・・そして白い穏やかな波しぶき
10月のショマール(イランの北、カスピ海沿岸地域)の海です。

(カスピ海:中央アジアと東ヨーロッパの 境界にある塩湖。世界最大の湖である。石油・天然ガスなど天然資源が豊富、キャビアで有名なチョウザメが生息地。)ウィキメディアより抜粋


シーズン過ぎの海はとても静か・・犬を散歩させる子供、ランニングをしている夫婦やピクニックしている私たちぐらい。
突然思い立って行ったショーマール2泊の小旅行、海辺でおお茶したり裸足で海岸を散歩したり貝殻を沢山拾ったりとのんびり過ごしてしまいました。
b0203787_19241793.jpg

                                   海の☆のような貝殻が沢山



b0203787_2091980.jpg

赤い屋根の東屋、何と電気もついていてキャンプもできる、近くにはバーベキュー用のコンロや水道もある。
しかも無料・・こんなところはイランは太っ腹です。


b0203787_20213991.jpg


b0203787_20234328.jpg

                  海岸線沿いに沢山の別荘が建っています。親戚の別荘の辺りにある綺麗な建物、お庭もよく手入れされています。
b0203787_2025157.jpg


b0203787_2026833.jpg


b0203787_20273842.jpg

別荘のプライベートビーチ、だんだん夕暮れてきました。上の写真、数本の棒が立っています。夏場はここに布を張って女性専用のビーチになるそうです。もちろん女性達は思い思いの水着姿に、でも男性は侵入禁止です!夫の学生時代(パーレビの時代)は男子も女子も水着姿で街中を歩いたりドライブしたりしていたそうです。


b0203787_20362968.jpg

                                              魚のバザール、カスピ海で獲れた魚





人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-11-13 21:46 | 旅行 | Comments(6)

アクバル氏と音楽の仲間達**オーケストラ ゴレスターン


b0203787_21343721.jpg


少し以前の話題になるのですがアクバルさんの企画でコンサートが開かれました。
グループ名はオーケストラゴレスターン、イランの古典音楽はセタールやトンバク、サントゥールなどの楽器と歌の共演なのですが、イランのオーケストラはは西洋のオーケストラにイランの古典楽器のセタールやトンバクや歌を加えた新しいスタイルです。


b0203787_21353873.jpg


b0203787_2157498.jpg

                                                  アクバルさんは指揮者です
b0203787_1846295.jpg

                                               古典楽器セタールと歌の即興で


このコンサートではイランの伝統的な楽曲演奏やアクバルさん作詩シャーヒンさん作曲のオリジナルの楽曲そして歌と古典楽器セタールの即興演奏などとてもペルシャな旋律でエキゾチックなコンサーットでした。


b0203787_21405663.jpg


b0203787_21434391.jpg

                               ペルシャの古典楽器トンバクやセタールの楽器も加わって
b0203787_21464756.jpg


b0203787_2158549.jpg

          一番左側にイランの若い女性達の絵画展で紹介しましたMAHSAさんです彼女もオーケストラのお仲間の一人です。



アクバルさんの音楽のお仲間達・・・・・です。
音楽が絆になって同じ目的の為に何かを作り上げていく・・・素敵なお仲間達です。
イランの中で音楽活動を行うのは制約などもありなかなか自分達の思い通りにいかないことも多いと思いますが・・・これからもエキゾチックなペルシャのオーケストラに・・・応援しています♪~
素敵なコンサートの夕べ、ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-11-01 19:26 | Comments(7)