カテゴリ:美術館・博物館( 22 )

最終ダラバット**博物館周辺の景色

b0203787_21013648.jpg
長々と続いてしまったダラバット博物館ですが・・・
今回は博物館の外や周辺の景色などの画像を集めました。
やっと最後のダラバットです。



More
[PR]
by japair | 2015-09-05 21:35 | 美術館・博物館 | Comments(4)

続ダラバット**植物と昆虫ミュージアム

b0203787_16132910.jpg
続ダラバット自然と野生動物博物館
野生動物博物館を後にして歩いていると↑の建物が見えてきました。





More
[PR]
by japair | 2015-09-05 02:21 | 美術館・博物館 | Comments(0)

続ダラバット自然・野生動物博物館 鳥と魚

b0203787_16335062.jpg
続ダラバット自然・野生動物博物館
動物のはく製を見た後、天井を見上げると小さなお魚がブルーのライトに照らされて・・
カーブしている壁のガラスの水槽の中にはいろんなお魚たちが泳いでいました。
↑の画像のお魚ライト・・まるで海中で銀色のお魚の群れが遊んでいる様で楽しいデザインです。


More
[PR]
by japair | 2015-09-02 01:18 | 美術館・博物館 | Comments(2)

ダラバット**自然と野生動物博物館

b0203787_18445216.jpg
テヘラン北東部のダラバット
今年のノールーズに偶然に見つけた自然と野生動物博物館(ノールーズ・・空いているテヘランの街を走りまわ
ずーっと行きたいと思っていたのですが・・山の上なのでさすがに一人では行けず今回やっと訪れることが出来ました。



↑の画像はアフリカの動物、アフリカ水牛、黒サイの頭部なかなか迫力あります。



More
[PR]
by japair | 2015-08-31 21:13 | 美術館・博物館 | Comments(0)

サーデグ・ヘダーヤトの家(خانه صادق هدایت)

b0203787_15175779.jpg
ドアに貼られたハットを被ったシャイな感じのイラストの男性・・・
先日ラマダン中に外出した時に
古い建物のドアの片隅に何気に貼られたこの男性のイラストが偶然、目に留まりました。

帰宅してからインターネットでこの人物について検索しました。
サーデグ・ヘダーヤトصادق هدایت Sādegh Hedāyat)
イランの小説家・翻訳者。イラン現代文学の偉大な人物の一人とみなされている
イランではサーデクと呼ばれ誰でも知っている有名な文学者の様です。
b0203787_14590764.jpg

          木々の向こうにサーデク氏の家の塀が見えます。

家の前の塀には可愛らしい絵が描かれています。
年数を経て幼稚園として使われた時期があったのかもしれません。
現在はそのまま放置され公開はされていないようですが
いつか見学できるようになるかもしれませんね。

b0203787_15083231.jpg
塀の隙間から撮った画像
建物はサーデグ・ヘダーヤトの父上の時代に建てられました.

サーデグ・ヘダーヤトウィキより
                         
ヘダーヤトは1903年2月17日にテヘランで生まれ、イラン北部の名門の家系の出身。
ヨーロッパへ留学 ベルギーで工学その後、建築を学ぶためにフランスへ行くも
建築を断念して歯科に変更した。ヘダーヤトはパリの女性との恋愛を経験し入水自殺を試みるが、釣り船に救出され失敗。結局学位を得ることもなく学業はあきらめて母国へ帰国。
その後は生涯、西洋文学やイランの歴史・民話を研究した。ヘダーヤトは1937年から1939年までインドへ旅をし、滞在した。ボンペイで彼の最高傑作とみなされている『盲目の梟』が書かれ、出版された。この作品は1930年にパリで書き始められたものだった。
1950年の年末にヘダーヤトはイランからパリへと旅立った。1951年の4月9日に彼は小さな貸しアパートでガス自殺を図り死去した。
彼はペール・ラシェーズ墓地の85区画に葬られた。葬儀はイラン人とフランス人の親しい友人や知り合いによって執り行われた。

恋に破れて自殺未遂・・でも再びパリで自殺してしまうのですね~
パリに眠っているイラン人は意外に多いのかもしれません。



[PR]
by japair | 2015-07-25 19:50 | 美術館・博物館 | Comments(0)

زمقدم(モガッダム美術館)حیاط اندرونی

b0203787_19133798.jpg
モガッタム邸には↓の画像 煉瓦で作った壁が西と東側にある庭園の中央にあり
お庭の趣を少しばかり分けへだてています。
西側のお庭は入り口から入ってすぐに見渡すことができますが
今回紹介します東側のお庭は
↓の画像の煉瓦の壁の向こう側にあります。


More
[PR]
by japair | 2015-07-04 22:49 | 美術館・博物館 | Comments(0)

زمقدم(モガッダム美術館)حوضخانه(ホーズハネ)

b0203787_20125873.jpg
この邸宅はモガッタム氏のお父さんの時代に建てられました。
その後モガッタム夫妻が住むようになり地下室などもこのようにタイルや陶器をはめ込んだ個性的な空間に生まれ変わりました。
今回は南側にあるこの地下室の紹介です。


More
[PR]
by japair | 2015-06-13 22:07 | 美術館・博物館 | Comments(2)

زمقدم(モガッダム美術館)اتاق پذیرایی台所用品の展示物

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]
by japair | 2015-05-23 22:59 | 美術館・博物館

موزمقدم(モガッダム美術館)応接室(اتاق پذیرایی (سالن گاهنگاری

b0203787_17540463.jpg

موزمقدم(モガッダム美術館)チィケット売り場を通り過ぎてお庭を眺めながら

右(東側)へ曲がり階段を上がると応接室(اتاق پذیرایی (سالن گاهنگاریがあります。



More
[PR]
by japair | 2015-05-09 21:49 | 美術館・博物館 | Comments(0)

موزمقدم(モガッダム美術館)

b0203787_20433531.jpg

                          (اتاق قاجار (سالن زمستانی 客室ガージャール(冬ホール)



メトロ、ハスナバットで下車
エマームホメイニ通りを西に向かって歩いて2本の通りを過ぎたころ
موزمقدم(モガッダム美術館) の小さな入口が見えてきます。

ガジャール時代に建てられたこの古い建物はمحسن مقدم(モガダム モウセン)夫妻の邸宅でした。
お庭を囲むように建てられたこの邸宅はモガダム御夫妻の好きだった物が沢山詰まった
とても愛情深い物を感じるお家なのです。
こんな風に好きなものに囲まれた生活って素敵だな~って思います。
そしてお家がなかなかユニークで遊び心もあるのです。

More
[PR]
by japair | 2015-04-22 03:31 | 美術館・博物館 | Comments(8)