カテゴリ:テヘラン散歩( 24 )

夕暮れ時の散歩

b0203787_18302027.jpg
夕暮れの街にポット街灯が灯るころ
街の通りはにわかに賑やかになってくる

今年の若い女性たちのファッションは
ラウンドネックのボックスタイプかちょっと広がったテントラインに近いマント(コート)
ボタンを留めず羽織るように・・風を切って着こなす
当然コートの下のトップスやボトムスのコーディネイトも重要だし
目に留まる

通りの向こうからフルート ギターと男性の歌声が聞こえてきた
ストリートミュジッシャン
彼らを囲んで聞き入る人達の輪ができていた 

ショーウインドウの前に今年のラインの麻のように軽そうなオフホワイトのマントに
白地に鮮やかな花柄のスカーフ 金髪に染めた前髪を見せるように
そして足元はピンクのナイキのスニーカー
羽織ったコートの下にはナイキマークの付いたスパッツ
立ち姿はしっかり決まっていて


夕暮れの街を散歩した時、目に留まった光景






[PR]
by japair | 2015-06-15 19:09 | テヘラン散歩

テヘランのゾロアスター教寺院Adrian Temple

b0203787_2213251.jpg

                          ドアの上にゾロアスター教の守護霊プラヴァシが描かれています。




昨年のお正月にアブギーネガラス博物館へ行った時、偶然ゾロアスター教の寺院を見つけました。
テヘランにゾロアスター教の寺院があるとは思っていませんでしたので・・・・
テヘランの街を散歩すると時々守護霊プラヴァシのマークを見かけます。
バザール近くのナセルホスロー通り、家の近所にも入り口にこのマークの付いた集合住宅があります。
昨年記事にするつもりだったのですがPCの故障で多くの画像と共にゾロアスター教の寺院の画像も失いました。
そんな訳で先日再度この寺院を訪れました。
残念だったのは昨年、拝火壇に赤々と灯っていた炎はお正月を過ぎていたので見る事は出来ず・・・
オイルをかけていないとのことで地味な炎で画像は撮れませんでした。(残念)


↓に長々と私のお散歩道のメモを書いています。
事務用の家具が見たかったのでこの道を選びましたが特に面白い道ではないのでスルーしてください(笑)
最短距離ですとメトロسعدی駅で降りてイギリス大使館に向かって歩いてجمهوری اسلامی通に
出た方が早いと思います。


メトロحسنآباد(ハスナバット)で下車
地上に出ると出口を中心に四方に通りが走っている
ぐるーっと通りを見渡す・・・雪をかぶった北の山が見えたらそこがحافظ(ハフェーズ)通り
この通りのオフィス用の家具などを見ながら一つ目の通りで右に曲がる(イランモバイルセンターの
近代的なビルが左に見えてきたら)しばらく歩きスィオティル通りで左に曲がってアブギーネガラス博物館を通り過ぎجمهوری اسلامی通りの大通りも越えてすぐに左手にテヘランのゾロアスター教の寺院Adrian Templeがあります。


More
[PR]
by japair | 2015-04-12 03:39 | テヘラン散歩

ニアバラン周辺とアシパズィハネ~タジュリッシュへ

b0203787_3225375.jpg

                        向かって右がアディダス左がベネトンショップ

ニアバラン辺りでバスを降り
大好きなキッチングッズのお店へ
以前の記事は散歩の途中で見つけたおしゃれなお店(食器)

More
[PR]
by japair | 2015-03-01 05:29 | テヘラン散歩

شهرک غرب シハラケガルブ sanpo

b0203787_22574149.jpg



首都テヘランはとても広い
そしていろんな表情の街がある
まだ東京に住んでいた頃・・・・ちょっとの間のテヘラン滞在のとき
夫の友人がテヘランを案内してくれると言った「テヘランのどこへ行きたいですか?」の質問に
当時古いテヘランの街しか知らなかった私は・・・・
すぐに・・・新しいテヘランを見たいと言ったのでした。
そして案内されたのが・・・テヘランの西側にあるشهرک غرب シハラケガルブという街でした


トップの画像、テヘランのシンボル、ミラットタワーもこの街にあります。

More
[PR]
by japair | 2015-02-10 00:51 | テヘラン散歩

フェルドシィーのアンティーク通り(マヌチェリ通り) Ⅲ

b0203787_18314547.jpg

マヌチェリ通りへ
今回のお散歩の最終目的地は・・・フェルドシィーのアンティーク通りです。
以前 一人散歩で見つけたテヘランのアンティーク通りでも紹介しましたが・・・この通りいろいろと歩き回ると隠れ家的、古い物屋さんを発見できます。
b0203787_1833379.jpg

本来はこの通り、スーツケース、バックなどのお店がメインなのではないかと思います・・・・が
あまり興味がなかったので写真撮りませんでした。(笑)
近くにはラレザール、照明器具のお店が集まっている通りもあります。
b0203787_18442576.jpg

この古い建物に入ってみると・・・建物自体がアンティークです。
壁にお花のタイルがはめ込まれていてとても素敵です。
b0203787_1914084.jpg

上の階に上がる階段横の壁面のタイル黄色と紺の配色、よく見ると下の四角型のタイルの中には人物像が・・・王様でしょうか?

b0203787_1975362.jpg

この建物中央にホーズ(池)があってその上にシャンデリアが渋い光をを放ってこの場所にマッチしています。
b0203787_2011828.jpg

黄色の香水瓶、鮮やかな色ですね~
b0203787_2023266.jpg

道路脇に布を敷いて店開きしている人達も結構います。
b0203787_2035697.jpg

この崩れそうな建物の両脇も古い物屋さんです。
閉まっているお店が多かったですがガラス越しにシルバーのスプーンやポット、ガラス瓶お皿などを見ているとあっという間に時間が経てしまいます。
b0203787_20141523.jpg

恐る恐る2階へ上がってみると白黒のタイルがおしゃれではないですか・・・でも・・・崩れそうでちょっと怖い!

b0203787_2018451.jpg

鳥と植物の花瓶色合いがとてもきれいです。
b0203787_2019118.jpg

だんだん暗くなる前・・・日が落ちて・・一瞬、暖かい光が街を照らす時間帯があるのだけれど・・・・
この時の通りや街はすごくきれいに見える。
残念ながら私のカメラの腕ではこんな写真しか撮れないけれど・・・・

b0203787_20211634.jpg

カフェの看板、カップと湯気・・・なんだか可愛い~




人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2014-03-09 01:36 | テヘラン散歩

メトロ サァディー駅からکوچه بران(クゥチェ ベラン)へ  Ⅱ

b0203787_20243282.jpg



メトロ サァディー駅 前回のお散歩の続きです。
کوچه بران(クゥチェ ベラン)方向へ  信号を渡ります。

b0203787_20251658.jpg

信号を渡って振り返りサァディー駅を眺めて見ると・・・・
左端、白い車の後ろに黄色いメトロマークがみえます。
b0203787_20254413.jpg

そこから信号を渡るとこんな商店街に出ます。
ここはブレードやリボン、ボタンやレースなどの手芸用品、アルス(花嫁)のドレスなどのお店が集まっています。
b0203787_2028678.jpg

カラフルなサテンのリボン、幅広の金糸使いのエスニックなリボンやブレードやボタン
日本にも売っているような輸入製のブレードなどもありました。
b0203787_20354765.jpg

ボタンの種類も多いです。ショーケースの中はアンティークのようなボタンですね。
b0203787_20542781.jpg

この写真の右端にあるふわふわボレロ、アルス(花嫁)が車に乗って移動するときに着ているのを見たことがあります。こんなところに売っていたのですね!
イランの結婚式場は男女別々の部屋でお祝いのパァーティをします。
イスラムですからね・・・女性達の部屋ではアルス(花嫁)はもちろんの事、花嫁をお祝いする着飾った女性がハリウッド女優なみのドレスとメイク(ちょっと濃いかな)てとても華やかで派手!
私は男女別の結婚パァーティには出席したことはありませんが男女混合のガーデンでの結婚パァーティには出席したことがあります。
女子だけの結婚パァーティ私は・・・苦手かな~(苦笑)
b0203787_20555667.jpg


b0203787_2126629.jpg

しばらく歩くとクゥチェ ベランに出ます。
ここは古くからある商店街です。
花嫁のドレスやイブニングドレス、下着、チャドルの生地やマントなど下町の商店街といった感じです。
やはり昼間は人通りも少なくさびしい感じですね。
この通りを真直ぐ進み大通りに出て右側にドイツ大使館があります。
b0203787_2136556.jpg

結婚式のドレスを選んでいるのでしょうか?なかなかセクシーなドレスが並んでいますね。

b0203787_22282392.jpg


b0203787_22282856.jpg

今来た道を戻りメトロ サァディー駅を超えて歩いていきます。
写真上2枚はアルメニアの方が経営しているシリニー(お菓子)屋さんです。
お店の片隅にカウンター席が3つ並んでいます。店内のお菓子とコーヒーをいただけます。
散歩の途中で一休み出来るカフェを見つけました。
日本では考えられないと思いますが簡単にお茶休憩ができないのがテヘラン散歩の悩みなのです。
この界隈では以前紹介したカフェナデリーなどもあります。
b0203787_22295749.jpg

なんちゃってビィトン・・・いろいろ
b0203787_223140100.jpg

茹でた空豆とラブー(ビーツ)売りのおじさん
寒い時期に熱々のラブーを売る屋台が街のあちこちに現れます。
私は屋台のラブーを食べたことはないですが我が家で煮てビーツサラダにしたりそのまま食べたりと煮込んでくると甘みが増します。

続・・・次回はこのお散歩の目的の場所を紹介したいと思います。
私の好きな場所、前にも紹介した事があるのですが・・・・
好きな場所にはちょいちょい足を運んでしまいます。




テヘラン 春の訪れを感じます・・・暖かくなって・・・・・
新年まで・・・一か月を切ってしまいました。

1週間前 日本滞在中けがをした小指に白いかさぶた?と思ったら・・・・・何と糸でした。
抜糸しそこなった糸が残っているなんてどうりで治りが遅いなあ~なんて
夫に糸を抜いてもらい(痛かったけど)それからは直ぐに良くなりました。
こんなこともあり今年は本格的な大掃除はやらないつもりだったのですがちょっと始めたら止まらなくなってしまいました。
壁、床、窓ガラスを洗いカーテンや冬用のクロス類を洗い・・・さあどこまでできるでしょうかスタートが遅かったので・・・
取りあえず少し痩せました(笑)お掃除ダイエットの始まりです。
お部屋の床から天井までは約3メーター近くあるので普段使わない筋肉を使いストレッチも兼ね・・夜は疲れてぐっすりと眠れるのでした。(笑)



人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2014-03-01 05:17 | テヘラン散歩

バハレスターン駅から باغ سپسالار(バーゲ セパサラ) Ⅰ

b0203787_21343112.jpg

                       メトロバハレスターンの駅

平日のお昼頃・・・家を出てバスに乗ってメトロの駅へ・・・・・

日本から戻って・・・・家の事ばかりに時間を取られすっかりお宅になってしまった私・・・・
家に一人で居るのは好きな方だけど・・・さすがに全く外出しなくても平気になっていく自分に・・・・
ちょっと危険信号を感じるのでした。(笑)

バハレスターンで下車 باغ سپسالار(バーゲ セパサラ)からسعدی(サァディ駅)を通ってکوچه بران(クウチェ ベラン)、フェルドオシィ方面へ 約5時間のお散歩コースです。
殆ど歩きっぱなし・・・日頃の運動不足を一気に解消です。

トップの画像を見ると・・めずらしくスモーク色のテヘラン・・・・・澄み切ったテヘラン晴れではありませんでした。(テヘラン散歩、殆ど晴れの日が多かったような)バハレスターン駅です。
バハレスターンは国会や国会の博物館や政府機関などがある場所です。

b0203787_23354126.jpg

駅を出て向かって右方面にあるスンナティレストラン(イランの伝統的なお料理)です。
以前は水車だけが置かれていましたがバージョンアップしてギランの女の子(?)やタカ(?)写真には写っていませんが男子も一人置かれていました。
店内どんな感じなのでしょう?私の行動時間だといつも閉まっています。

b0203787_23411829.jpg

                   サモワール屋さん


سعدی(サァディ駅)へ向かって歩いていきます。
この通りには楽器屋さん、サモワール屋さん、結婚式の招待状のカード屋さん、手帳屋さん、古本やカードを売るお店などが集まっています。

b0203787_019836.jpg

通りを隔てて向かい側には凝った装飾の古い建物があります。
1階はお店として使っていますがかなり朽ちてきているので・・心配です。
この界隈にはこの様な古い建物が沢山ありとても興味深いのです。
これも散歩の楽しみの一つです。

b0203787_083874.jpg

今にも歌いだしそうなお兄さん人形・・・良いポーズです

b0203787_23422438.jpg

このお店のウィンドウには古本やバハレスターン周辺のセピア色の写真などが飾ってあります。
立ち止まって興味深げに見ている男性達。
b0203787_071078.jpg

                  バハレスターン周辺のセピア色の写真
b0203787_024343.jpg

イランのシェール(詩)など素敵な表紙の本がディスプレイされています。

b0203787_09301.jpg

ここで右に曲がるとサァディ駅方面、交通整理をしている軍人?に写真は駄目サインを出されてしまいました(苦笑)左向こう側に国会博物館があったと思います。
見たい絵画があって随分前に行ったのですがPCが壊れた時に画像も失ってしまいました。

b0203787_028321.jpg

ショウウィンドウも春の装いにマント(コート)
b0203787_028464.jpg

バーゲ セパサラの入り口 ここは両サイドに女性用の靴やバックのお店が沢山集まっています。
かなり長い商店街で他の店よりはお値段が安いと思います。
テヘランの北に比べるとオシャレ度は落ちますがスポーツシューズからパーティ用のきらきら靴まで種類は豊富です。
b0203787_0292659.jpg

                      バーゲ セパサラのショウウィンドウ


イラン今、師走にあたり新年の準備で忙しい時期です。
大掃除をしたり新年を迎えるために新しい洋服や靴を揃えたりとバザールなども混雑する時期でもあります。でも・・・バーゲ セパサラ・・人もまばらすいていました。
よく考えるとバザールも商店街も込み合うのは・・暗くなってからです。
たぶんこの商店街も活気が出るのは夜でしょう。
着飾った女性たちが通りに花を添え昼間とは全く違う世界になります。

未だに日本時間で生活している私は昼間の外出が多いのです。
続編    メトロ サァディ駅からです。





 
人気ブログランキングへ                 
[PR]
by japair | 2014-02-22 00:43 | テヘラン散歩

クーチェアラブ

b0203787_22481457.jpg

バザールをちょっと外れて細い通りへ入ると・・・
商品の在庫を置いている倉庫なのかしら・・・・荷車や運んでいる人達を見かける。

b0203787_22491825.jpg

テヘランでは良い仕事がないので家から出ない若者や、こうやって老齢でも荷物を運ぶ仕事やおんぼろろミニブースの運転をしている男達を見かけます。

何処をどうやって歩いたのか・・・全く覚えていないので説明は省いてしまいますが行先はアラブのお店が集まっているクーチェアラブです。
b0203787_2331549.jpg


いつもはナセルホスロー通りからクーチェアラブへ行くのですが、この日は裏道を歩いているうちに・・・気球の壁画がお出迎えしてくれました。こんなところからも入れるのね~(もちろん道案内は裏道好きな夫)
テヘランの建物の壁には田舎のお家や空と鳥そして戦争で亡くなった方達のお顔の壁画が描かれています。
この写真の奥にある白い車の後ろが入口です。
b0203787_2364962.jpg

ここがクーチェアラブです。アラブ人の経営しているお店や歩いている人達もアラブ人が多いです。
外国製品の化粧品、食品やアルス(花嫁)のためのお花やヘット飾りビーズなど
手芸にも使えるものが沢山あるので見ていても楽しいです。
今回はシャンデリアの飾りを買いました。
b0203787_3274112.jpg

コーヒー、紅茶、日本茶などお茶好きな私ですが・・・ここテヘランでインスタントではなく豆から挽いたコーヒーを手に入れるのは大変なのです。古くガジャール時代からガフヴェハーネ(コーヒーの喫茶店)がありコーヒー文化があったイランなのですがやっぱりチャイが中心なのでコーヒーはとっても高くしかも輸入品なので最近は恐ろしい値段になっていると思います。(この時買いだめしました)
でも一日一杯のコーヒーが習慣になっている私・・・日本では気軽に飲めたコーヒーがここテヘランではこんなに贅沢品になるとはびっくりです。いつも上の写真のお店でカフェフランセを買います。
b0203787_2385886.jpg


クーチェアラブを出るとちょっとした広場があり前回紹介しましたShams-ol-‘Emareh(太陽の建物)の反対側を眺めることがでします。
その昔この辺りもゴレスターン宮殿の敷地だったかもしれませんね。
この辺りにも古い建物が残っています。ナセルホスロー通り、木々も植えられ好きな通りです。

b0203787_23115100.jpg

テヘランではよく見かけるお菓子屋さんです。パウンドケーキやフィナンシェを素朴にしたようなケーキ、レーズン入りのクッキーやドーナツや甘いパンなど。

b0203787_231610100.jpg

装飾の凝ったこの建物にはゾロアスターのマークが付いています。多分そうだと思うのだけど・・・
テヘランではよ~く見て歩くとこのマークをのついた建物が結構あります。
家の近所の広い敷地にマンションが数棟建っています。入口にはこのマークが付いているのでゾロアスター教の方達の集合住宅だとおもいます。
この写真の建物は現在、お店が入っていて奥は倉庫のようになっています。・・・建物の傷みもありもったいないな~と思ってしまいます。いったい昔はどんな建物だったのですか?ご存知の方・・コメント頂けると嬉しいです。

紀元前6世紀にアケメネス朝ペルシアが成立したときには、すでに王家と王国の中枢をなすペルシア人のほとんどが信奉する宗教。ゾロアスター教は光(善)の象徴としての純粋な「火」を尊ぶため、拝火教(はいかきょう)とも呼ばれる。(ウィキメディアより抜粋)

ゾロアスター教の信徒が今も多く住んでいるヤズド、とっても行きたい場所です。1500年以前から絶やされたことがない聖火が今なお燃え続けているそうです。

b0203787_23245061.jpg

中央にあるのがマークだと思うのだけど・・・それにしてもこの3人の天使?のポーズが布に絡まり不思議、偶像崇拝を嫌うイスラムのお国としては・・・初めて見た時はビックリしたのでした。
このシンボル以外の装飾はゾロアスター教に関係のあるものなのでしょうか?
要チックです。帰国時にゾロアスター教の本を探してみます。




今朝ペルシャ料理を2つ作りました。アダスポロ(アダス豆とひき肉レーズン入りの炊き込みご飯)セロリとお肉の煮込み料理、ペルシャ料理は煮込みが多いので作り置きしてさらに美味しくなります。
テヘラン生活、時間があるようでない・・・・今、やらなければならない事1件やりたいこと2件これを日々の生活に取り入れるには時間を上手に使わなければなりません。
全然うまくいってない今日この頃です。

大好きなコーヒーでお茶の時間・・・・時間の使い方をね~考えなくてはね~






人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2013-01-21 03:32 | テヘラン散歩

Bagh-e Melli(ナショナル庭園)と正門


b0203787_16422727.jpg


メトロ エマームホメイニ駅で降りてスィオティール通りへと向かいます。
この辺りは以前に紹介しましたゴレスターン宮殿、大バーザールなどガジャール時代に栄え場所であり、歴史的建造物が沢山残っている場所でもあります。

Bagh-e Melli(ナショナル庭園)と正門

この堂々とした門はガージャール朝、レザーハーンが軍事大臣時代に、ドイツの支援によって建設されました。
建築家はジャファル-ハン・カーシャーニーです。
当時は軍事パレードや練兵の訓練の場所として建てられたようです。
門のタイルの柄は大砲や大砲の弾、機関銃、ライオン、ヒョウ、兵隊などのタイルで装飾されています。
そして現在この場所にはイランの外務省、マレク国立図書館と博物館があります。
トップの写真は外から門を眺めた写真です。近くで写真を撮ったので全体像が分かりにくいのですが左右対称に作られています。

b0203787_19292792.jpg

b0203787_19315063.jpg


b0203787_16433291.jpg


中に入ってみましょう。中から門を眺めると・・上の写真です外側から見るのとはまた印象が違って見えます。
外から見るゲートのほうが何か威圧感があり堂々とした感じです。
中から眺める門は入口の扉の透かし柄やタイルの柄、柱の作りでしょうか、少し優しく見えます。
そしてこの門は文化財として保存されています。
b0203787_16444885.jpg

                                     門から入って真正面です

b0203787_16455334.jpg

入って右手に現在の外務省の建物があります。
この建物はレザーハーンが即位後、レザー・シャー・パフラヴィー治世中に建てられました。
アケメネス王朝、ペルセポリスを思わせるデザインです。

b0203787_19492115.jpg

博物館内に飾られていた当時の軍事パレードのようすです。
遠近法ではなく王様は一番大きく、地位法で描かれた絵が面白いですね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by japair | 2012-09-12 20:14 | テヘラン散歩

私の好きな貴金属のバザールへ

b0203787_22151851.png

                        メトロハイヤーム駅の近く、エマーム ザァデー セイェ ナスレディン


メトロ1号線、Panzdah-e khordad駅で降りてバザールへ
いつもはエマームホメイニ駅で降りてバザールへ向かうのだけれど、この日はちょっとした用事があったのでバザールに近い駅で下車、前回のゴレスターン宮殿もこの駅を利用したほうが近いと思います。




地域情報(中東) ブログランキングへ



地域情報(海外) ブログランキングへ

More
[PR]
by japair | 2012-03-18 00:50 | テヘラン散歩