موزمقدم(モガッダム美術館)応接室(اتاق پذیرایی (سالن گاهنگاری

b0203787_17540463.jpg

موزمقدم(モガッダム美術館)チィケット売り場を通り過ぎてお庭を眺めながら

右(東側)へ曲がり階段を上がると応接室(اتاق پذیرایی (سالن گاهنگاریがあります。





b0203787_17585172.jpg
2)現在この部屋は土器や石器、ガラスや古いコインなどの歴史的遺物が展示してあります。
b0203787_18033966.jpg
3)今は展示室になっていますがモガッタム夫妻のかつてのお部屋が↑の画像です。
当時としてはこのような洋風なインテリアは庶民の生活とはかけ離れていたのでしょうね。
今は展示用のケースで隠れていますが画像右側に扉があります。
沢山の絵画が飾られ左のテーブルの上にはイランの布がかけられているような(画像ちょっと不鮮明)ソファや椅子などは華美ではなくシンプル、シックで素敵です。
むしろ今の一般イラン人お宅の椅子やソファーの方が華やかです~

b0203787_18053329.jpg
4)各部屋にはガイドの御嬢さんがいらして説明などしてくださいます。
この煉瓦で模様に組まれたカウンターはオープンキッチンだったのかしらと質問しましたら
バーカウンターと言っていました。
ゲストを迎えた時にお食事前のお酒のひと時を過ごしたのでしょうか。
やっぱりイランは細かいレンガの組み方が綺麗です。
街を歩いていると古い建物は細かいレンガで所どころ模様で組まれていたりして好きです。
今は圧倒的に大きなセラミックを外観にバシッと貼っていて見た目は豪華ですけど昔の仕事の方が趣があります。


b0203787_18073298.jpg
5)この木製の入れ物、透かし模様の綺麗なこと、ガジャール時代作られたスープ入れだそうです。

b0203787_18085768.jpg
6)の煉瓦のカウンターは次の小さなお部屋と続いています。
この部屋の右のケースの中にはいろんな国のお人形が飾られています。
私も旅行先で良くお人形を買いましたが・・・ギリシャの人形、トルコのメブラーナ人形など
こちらに引越す時に全部処分してしまいました。
自分にとって大事な物っていざ選別しなければという時に分らなくなってしまうものです。
大事なものを捨ててどうでもいい物をイランまで持ってきてしまいましたから。(苦笑)
何故だかそんなことを考えてしまうのでした。


b0203787_18100265.jpg
7)ケースを拡大すると日本の藤娘のお人形もありました。
日本にも旅行したことがあるのですね。
b0203787_18104698.jpg
モガッタム氏の愛用品です。
発掘調査などに履いた靴や水筒、カメラなどの携帯品
自分の普段から良く使う物、愛用品や携帯品は好きなものを長く大事にお手入れしながら使いたいな~ってまた関係もない事を考えるのでした・・・・・
持ち主の居なくなった愛用品を眺めるのは・・・いろいろ考えちゃって寂しくもありますね~
自分の持ち物の事も最近考えていたので余計に・・異国で暮らしているので物は減らしても増やさない方が良いな~って
環境が変わると大事な物も変わりますね。
引っ越しの時に捨てようとして夫に止められたカップが今では一番活躍している愛用品となっていますから・・・

[PR]
by japair | 2015-05-09 21:49 | 美術館・博物館


<< 再度、乾燥ミント作り、買出し後... 公園でBBQ >>